FC2ブログ

記事一覧

【10年目のリアル】~10年目のキッチン~

【10年目のリアル】

まだインテリアコーディネーターの仕事に
携わっていない時に家を新築しました。
家族構成は新築当時、夫と私。
今はそこに犬が追加になっています。

建築カラーを学び建築カラープランナー®となり
白クロス撲滅運動とか言ってますが、
リアルな我が家は真っ白い内装です。笑

築10年が経過した我が家の等身大の現状あれやこれ、
当時のこだわり、希望が10年経過してどうなった、変化したかも
合わせてお伝えします。

で。
どこから出そうか考えた。

一番プライベートな部分を出したら
あとは開き直れるかな、と思って
まずは、
【10年目のキッキン】から。

10years_kitchen①

10years_kitchen②

キッチンに限らずですが・・・
当時はとにかく、シンプルでカラーレスなものを。
住宅設備は基本、白で統一しました。
機能や価格も大事だけど、まずはデザインが一番。
余計なものを付けたくない、置きたくない。

キッチンはそんな思いが一番投影されている場所だと思います。
狭いスペースなのに、家電、調理器具、用具、
様々なものが溢れるのが容易に想像できました
おもてに物を出して、美しくキープできる自信(笑)がなかったので
まずは収納スペースの確保と収納物の選定をしっかりとしました。
そこはとてもシビアにリアルに考えたので、
今でも物が溢れることはありません。

対面式キッチンとかアイランドキッチン全盛でしたが、
迷わず独立式で設計をお願いしました。
どんなに綺麗にしていても、
水廻りというのは生活感が出てしまうと思ったから
リビングとは別にしたかったのです。
(ちなみにうちにはダイニングというスペース(概念)はありません。
何故か・・・そこもまたお話しますね。)
料理もしっかり時間をかけてするほど凝ったこともしないし、
料理しながらテレビみたいとかもないし。
料理の煙、油、臭いなどを
極力リビングに持ち込みたくなかったのもあって、独立式一択でしたね。
(暮らしてみた判ったこと。食洗機の音と熱も相当なもの。
独立式だったので気になりませんでしたが。)
換気扇やキッチン本体は大雑把だからこそ、お金はかかりますが
メンテナンスが楽なものを選びました。
料理に対する熱量も大雑把なところも全く変化ないので、
選択に全く後悔はありません。

唯一、後悔があるとするなら、
床のクッションフロアまで白にしてしまったこと。
スリッパを履こうが、素足だろうがすぐに黒ずみます💦
クッションフロアの細かい柄の溝に入り込んだ汚れは
ふき取っただけでは綺麗にならず・・・。
リフォームするなら、絶対変えたい部分です。
お客様にはそんな私の失敗談もお伝えしています。

スッキリさせたい欲は家電にも。
引っ越しを機に、トースター、炊飯器、電気ポットは使わないことに。
(理由はお手入れが面倒くさいから。)
高いお金出して家電収納棚に付けた自動排気機能はまったく使われることなく。
これは完全なムダ遣いでした。
もっというと、もっと高いお金をかけた食洗機も今では封印。
二人だと手洗いのが、早くて楽だったんですよ。

10years_kitchen3


使っている家電は電子レンジとコーヒーメーカーくらいでしょうか。
全然、困りません。

10年経過して・・・このキッチンで良かったな、と思えています。








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント